幼い顔

  

どんな人でも均等に時間は流れいく。

若いつもりでも、
日に日に歳はとり疲れも取れずらくなり
病気の話も周りも含めて多くなる。

おじいちゃん一年生に
おれはなったのだ。

ただ歳の割には若く見える方なので
周りのバンドの子に歳の話をすると、
自然にタメ口が敬語に変わっていくのである
(別にそのままタメ口でもいいんだけどね)

地元の友達と久々に会うと
良し悪しは置いておいて、ちゃんと年相応の
見た目になっている。
腹の出かたも含めて。

その時いつも思うのは、
自分の精神年齢が実際の歳に追いついて
ないんじゃないかと。それが見た目に出てるんじゃないかと。

気持ちが曲がっている人は
顔も歪んでいくって話を聞いた事があって
正直自分もそういう事はあるだろうと思う。

だから自分の顔を改めてみてみると
色々がまだ幼いのかもなって感じる。

もっと色々経験をして
人としてもまだ成長していきたい。

力をつけないと守りたいと思った人も
助けられない。


コメントは受け付けていません。